スポンサーリンク

日経新春杯2020.(G2)考察

日経新春杯2020.(G2) G2
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!!k.jです。

 

今回は京都で行われる、日経新春杯の考察をしていきたいと思います。

 

昨年のこのレースではグローリーヴェイズが中段から差しきり見事に勝っています。

 

そしてここをステップに天皇賞(春)では勝ち馬フィエールマンにタイム差なしの2着、年末の香港ヴァーズ(G1)ではラッキーライラックに0.6秒差をあけて完勝し、みごとにG1馬になりました。

 

今年も5歳馬を中心に面白いメンバーが揃っているのでしっかり考察をし、的中させましょう。

 

それでは考察を始めて行きたいと思います。

スポンサーリンク

コース形態と傾向

京都芝2400メートル

京都芝2400メートルのスタート位置は4コーナー奥のポケットになります。

 

スタート後1コーナーまでが約600メートルあります。

 

最初のコーナーまで非常に長いのですが、コース自体がの距離が2400メートルありますので、ここで先行争いの激化があまり起こらず、ハイペースになることは少ないです。

 

外回りコースですので、3コーナー手前から上り坂になっていて4コーナーにかけて下り坂になっています。

 

最後の直線は約400メートルの平坦な直線です。

 

枠順の有利不利ですが基本的には内枠先行が有利になります。なるべくインを走りたいため中枠から外枠に入った先行馬は最初にポジション争いをしないといけないため、若干ですが不利になります。

 

しかし、そこまで大きなアドバンテージではないので枠順に関してはそこまで気にする必要はなさそうです。

 

京都2400メートルのレース傾向としてはスローペースで流れて上がり勝負になることが多いので、4コーナーでインを突ける差し馬、もしくは道中ペースを崩さずに脚をためて最後の直線で爆発させられる差し馬に分がありそうです。

スポンサーリンク

出走登録馬の全頭実績データ

 

アクート

芝2400

(0・0・1・0)

右(1・4・2・6)

左(3・0・2・4)

京都(0・3・2・2)

コース実績(0・0・1・0)

Ⓗぺ(0・0・0・3)

Ⓢぺ(1・4・2・4)

アフリカンゴールド

芝2400

(3・1・0・2)

右(2・2・0・6)

左(2・0・1・1)

京都(1・2・0・4)

コース実績(1・1・0・1)

Ⓗぺ(2・0・0・1)

Ⓢぺ(1・2・0・2)

エーティーラッセン

芝2400

(0・3・1・5)

右(3・3・1・11)

左(0・1・0・1)

京都(2・0・0・10)

コース実績(0・0・0・4)

Ⓗぺ(0・0・0・3)

Ⓢぺ(2・3・1・5)

サイモンラムセス

芝2400

(1・0・1・3)

右(4・10・9・30)

左(1・3・3・4)

京都(2・5・7・16)

コース実績(0・0・1・2)

Ⓗぺ(3・2・5・9)

Ⓢぺ(1・6・4・15)

サトノガーネット

芝2400

(1・0・0・0)

右(4・2・1・7)

左(1・0・0・1)

京都(1・2・1・3)

コース実績 未経験

Ⓗぺ(1・1・0・3)

Ⓢぺ(1・1・0・3)

スズカディープ

芝2400

(0・0・0・2)

右(3・0・1・7)

左(0・2・0・6)

京都(0・0・1・2)

コース実績 未経験

Ⓗペ(0・0・0・4)

Ⓢペ(0・1・1・3)

タイセイトレイル

芝2400

(1・1・1・1)

右(4・1・4・5)

左(0・3・0・3)

京都(0・0・2・2)

コース実績(0・0・1・0)

Ⓗペ(2・1・0・3)

Ⓢペ(0・1・3・0)

チェスナットコート

芝2400

(2・0・0・2)

右(2・2・1・9)

左(2・3・0・5)

京都(1・0・0・5)

コース実績(0・0・0・1)

Ⓗペ(0・1・0・3)

Ⓢペ(2・2・0・5)

プリンスオブペスカ

芝2400

(4・1・2・1)

右(4・1・4・7)

左(1・1・1・3)

京都(2・0・0・2)

コース実績(2・0・0・0)

Ⓗペ(1・1・4・4)

Ⓢペ(1・0・1・7)

マスターコード

芝2400

(1・1・0・0)

右(3・5・3・10)

左(0・0・0・2)

京都(1・1・0・1)

コース実績(1・1・0・0)

Ⓗペ(1・2・2・5)

Ⓢペ(0・1・1・4)

メロディーレーン

芝2400

(1・0・1・1)

右(2・0・2・8)

左(0・0・0・2)

京都(0・0・2・4)

コース実績(0・0・1・0)

Ⓗペ(1・0・1・5)

Ⓢペ(0・0・0・2)

モズベッロ

芝2400

(1・0・0・0)

右(2・2・0・4)

左(1・0・0・1)

京都(2・1・0・1)

 

コース実績(1・0・0・0)

Ⓗペ(2・1・0・2)

Ⓢペ(1・1・0・2)

ヨシオ

芝2400

未経験

右(0・0・0・1)

左(2・0・2・10)

京都 未経験

コース実績 未経験

Ⓗペ(4・0・3・12)

Ⓢペ(0・2・2・16)

レッドッジェニアル

芝2400

(0・0・0・3)

右(2・0・2・3)

左(0・0・0・1)

京都(2・0・2・1)

コース実績 未経験

Ⓗペ(2・0・0・1)

Ⓢペ(0・0・0・1)

レッドレオン

芝2400

(0・0・0・1)

右(2・0・1・2)

左(2・0・0・0)

京都(2・0・1・2)

コース実績(0・0・0・1)

Ⓗペ(0・0・1・0)

Ⓢペ(3・0・0・2)

ロードヴァンドール

芝2400

(0・1・0・2)

右(4・4・4・14)

左(0・1・1・2)

京都(3・2・1・5)

コース実績(0・1・0・1)

Ⓗペ(0・0・3・5)

Ⓢペ(4・2・1・6)

フルゲート18頭に16頭が出走登録をしています。

 

芝2400メートルに適性がありそうなのは、

アフリカンゴールド

タイセイシアトル

プリンスオブペスカ

マスターコード

辺りですかね。京都、もしくはこのコースで好実績を残しているのは、

アフリカンゴールド

サトノガーネット

プリンスオブペスカ

マスターコード

モズベッロ

レッドジェニアル

ロードヴァンドール

辺りですね。想定1人気のレッドジェニアルは2400メートルの実績が(0・0・0・3)なんですよね。ここは要注意で予想をしていった方が良さそうですね。

 

スポンサーリンク

過去5年の1~3着馬

着順

馬名

人気

騎手

生産牧場

2019年

1着 グローリーヴェイズ

 

1人気 2.7倍

M.デムーロ

 

レイクヴィラファーム

2着 ルックトゥワイス

 

5人気 7.8倍

岩田康誠

 

追分ファーム

3着 シュペルミエール

 

3人気 7.3倍

北村宏司

 

社台コーポレーション

2018年

1着 パフォーマプロミス

 

1人気 3.7倍

M.デムーロ

 

ノーザンファーム

2着 ロードヴァンドール

 

4人気 6.7倍

横山典弘

 

ケイアイファーム

3着 ガンコ

 

7人気 15.0倍

酒井学

 

前谷武志

2017年

1着 ミッキーロケット

 

1人気 2.9倍

和田竜二

 

ノーザンファーム

2着 シャケトラ

 

2人気 4.2倍

浜中俊

 

ノーザンファーム

3着 モンドインテロ

 

4人気 6.7倍

シュミノー

 

ノーザンファーム

2016年

1着 レーヴミストラル

 

2人気 4.7倍

川田将雅

 

ノーザンファーム

2着 シュヴァルグラン

 

1人気 2.0倍

ルメール

 

ノーザンファーム

3着 サトノノブレス

 

4人気 9.5倍

武豊

 

メジロ牧場

2015年

1着 アドマイヤデウス

 

6人気 12.1倍

岩田康誠

 

辻牧場

2着 フーラブライト

 

10人気 17.4倍

酒井学

 

青藍牧場

3着 アドマイアヤフライト

 

7人気 14.5倍

藤岡佑介

 

辻牧場

なかなか固い決着が多いですね。特に1人気が過去4年連続連帯しています。今年の想定1

人気はレッドジェニアルですが、果たして5年連続の1番人気の連帯なるんでしょうか。注目ですね。

 

スポンサーリンク

出走登録馬の外厩情報

アクート       NF天栄

アフリカンゴールド  ミッドウェイF

サイモンラムセス   宇治田原優駿S

サトノガーネット   情報なし

スズカディープ    VH名張

タイセイトレイル   情報なし

レッドジェニアル   山元トレセン

レッドレオン     NFしがらき

コメント

タイトルとURLをコピーしました