スポンサーリンク

ダイヤモンドS2020.(G3)予想、有力馬考察

ダイヤモンドS2020.(G3)有力馬考察 G3
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!!k.jです。

今回は東京芝3400メートルで行なわれるダイヤモンドSの考察記事を書いていこうと思います。

このレースは中山3600メートルで行なわれるステイヤーズSに次ぐ長距離戦です。

長距離ハンデ戦ということで、一波乱あってもおかしくないと思いますし、長距離はジョッキーの判断というのもかなり重要です。

しっかり考察して、高配当をゲット出来るよう予想をしていきましょう。

スポンサーリンク

コース形態とレース傾向

メートルのコース形態

東京芝3400メートル

東京芝3400メートルのスタート位置は向こう正の面真ん中辺りです。

最初のコーナーまでは250メートルで3~4コーナーを回りホームストレッチを駆け抜けます。

そこから馬場を一周するコース形態になっています。道中何度もアップダウンを繰り返すので、非常にタフなコースといえます。

レース傾向

競走馬は瞬発力というのは歳を取ると共に急に衰えたりするのですが、持続力というのは緩やかに衰えていきます。

ですので、高齢馬でも好走は目立ちますので高齢だからといって軽視はしてはいけません。

枠順の有利不利

距離が長いので外枠の差し馬有利になってきます。

道中いかにペースを崩さず、自分のペースで走れるかがポイントです。

傾向ポイントまとめ

・馬齢はあまり気にしてはいけない

・差し馬の好走が目立つ

・ジョッキーの判断力も重要

スポンサーリンク

有力馬の実績データ

 想定1人気 タガノディアマンテ

芝3400 未経験

 

 

右(1・1・1・6)

 

左(1・0・0・1)

東京(1・0・0・1)

 

コース実績 未経験

Ⓗぺ(0・0・0・4)

 

Ⓢぺ(2・1・1・0)

この馬は今回宇治田原優駿Sにて外厩調整されています。

前走万葉Sでは2着のタイセイモナークに3馬身以上あけての快勝でした。

スタート後最後方で距離損がないようにマイペースで追走し、勝負所で外から一気に他馬を差していくという川田騎手の素晴らしいエスコートが光りました。

残り600メートルからは1頭だけ別次元の手応えでしたね。

 

不安要素

どの馬にも言えますが、初めての距離ですからそこは1つの不安ポイントですね。

万葉Sで戦った相手のレベルがそこまで高いとは思えないですし、川田騎手の素晴らしいエスコートもありましたので過度な評価はできないですね。

 

 想定2人気 タイセイトレイル

芝3400 未経験

 

 

右(4・1・4・7)

 

左(0・3・0・3)

東京(0・2・0・2)

 

コース実績 未経験

Ⓗぺ(2・1・0・3)

 

Ⓢぺ(0・1・3・0)

この馬は今回ノーザンファームしがらきにて外厩調整されています。

前走日経新春杯(G2)では4着と好走しています。

道中は中段から追走し、最後の直線では上がり全体2位の末脚で差しましたが3着の逃げていた馬エーティラッセンとハナ差の4着でした。

東京競馬場で行なわれたアルゼンチン共和国杯(G2)2500メートルでも2着と好走していますので重賞で戦える能力は十分あるはずです。

 

不安要素

川田騎手から中谷騎手への乗り替わりはマイナスポイントですね。やはり長距離レースですので仕掛け所や位置取りなどが勝負を分けると思いますのでここは評価を落とすポイントです。

 想定3人気 アドマイヤジャスタ

芝3400 未経験

 

 

右(1・3・0・3)

 

左(1・0・0・2)

東京(0・0・0・1)

 

コース実績 未経験

Ⓗぺ(0・0・0・3)

 

Ⓢぺ(1・3・0・0)

この馬は今回ノーザンファームしがらきにて外厩調整されています。

ここ最近では成績が振るわないものの、この馬は毎回のように追い切り等で素晴らしい動きやタイムを出します。ですので能力は間違いなく高いものをもっています。

こういう馬はいつかその調教で見せているような動きをレースですると思います。

それが今回のような距離延長などで良い方に出れば勝利もあり得ると思っています。

スローペースではかなり強い馬で、ホープフルS(G1)ではあのサートゥルナーリアに0.2秒差の2着と好走しています。

今回もスロー濃厚だと思いますのでそう言って意味では期待がもてます。

 

不安要素

調教は動くものの、レースでは全くというのが続いていますので想定3人気という人気で買いたいかというとちょっと人気し過ぎなような気がします。

この成績だと2桁人気になってもおかしくないと思いますが。。

この馬の買い時は2桁人気前後になったときかなと個人的には思っています。

 

それから鞍上も田辺騎手と成績を落としている騎手ですのでその辺りもマイナスポイントですね。

 想定4人気 オセアグレイト

芝3400 未経験

 

 

右(2・1・0・2)

 

左(2・1・1・1)

東京(2・1・1・0)

 

コース実績 未経験

Ⓗぺ(1・0・0・2)

 

Ⓢぺ(2・1・1・0)

この馬は今回在厩での調整になります。

前走の迎春Sでは中段から上がり全体2位の末脚で2着馬に2馬身あけて快勝しています。

前々走のセントライト記念(G2)では14着と大敗していますが、実はこの馬は新馬戦からセントライト記念まで1度も放牧に出さずにほとんど1ヶ月間隔で出走しています。さすがにセントライト記念は疲れが蓄積されていたのでしょう。

折り合いもつく馬ですし、ここは非常におもしろい一頭です。

 

不安要素

長距離はジョッキーの経験や感覚というのが重要になってきます。今回鞍上が野中騎手ということでまだまだ若い野中騎手がエスコートするというのは不安材料ですね。

実際にこのコースを野中騎手は1度も経験していません。

 想定5人気 ポポカテペトル

芝3400 未経験

 

 

右(3・1・1・4)

 

左(2・0・0・7)

東京(0・0・0・5)

 

コース実績 未経験

Ⓗぺ(0・0・0・3)

 

Ⓢぺ(3・1・0・4)

この馬は今回ノーザンファームしがらきにて外厩調整されています。

この馬は菊花賞3着という好成績があり前走のアルゼンチン共和国杯(G2)でも6着と負けはしましたが悪い負け方ではありません。

むしろ3400メートルに距離延長すれば、このレースで2着と好走したタイセイトレイルをもしかすると逆転する可能性があるような負け方でした。

 

この馬の半妹には先週のクイーンCの勝ち馬ミヤマザクラがいますし、ここは兄として好勝負を期待したいですね。

 

不安要素

東京競馬場は(0・0・0・5)と成績が振るわないです。

 

右回りは(3・1・1・4)に対して左回りは(2・0・0・7)と勝ってはいるものの、複勝率はあまりよくないですね。

これは少し気になるポイントですね。

コース形態的に6回のカーブがありますのでこの馬にとっては不利な条件なんではないでしょうか。

スポンサーリンク

出走登録馬の外厩情報

アドマイヤジャスタ   NFしがらき

ウインテンダネス    ヒイラギawaji

サトノティターン    NFしがらき

ステイブラビッシモ   松風馬事センター

タイセイトレイル    NFしがらき

タガノディアマンテ   宇治田原優駿S

ダノンキングダム    NFしがらき

ノチェブランカ     NF天栄

バレリオ        NF天栄

ポポカテペトル     NFしがらき

メイショウテンゲン   グリーンF

ララエクラテール    宇治田原優駿S

リッジマン       相川牧場

レイホーロマンス    ビクトリーHR

レノヴァール      NFしがらき

ロサグラウカ      NF天栄

ヴァントシルム     NFしがらき

コメント

タイトルとURLをコピーしました