スポンサーリンク

2020.京都金杯(G3)最終予想、本命馬発表

2020.京都金杯(G3)最終予想、本命馬発表 G3
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!!k.jです。

 

中山金杯同様、枠順も決まりあとは良い予想をしてバシッと的中させましょう。

 

 

それでは最終予想の方をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

枠順と騎手

馬名 騎手

追い切り評価

(最高5点)

1.エメラルファイト 石川裕紀 3
2.マルターズアポジー 松若風馬 3
3.サウンドキアラ 松山弘平 3
4.オールフォーラヴ 和田竜二 3
5.メイケイダイハード 柴山雄一 3
6.ダイアトニック 北村友一 3
7.ボンセルヴィーソ 太宰啓介 3
8.ドーヴァー 福永祐一 3
9.ストロングタイタン 幸英明 3
10.マイネルフラップ 国分優作 3
11.ハッピーグリン 吉田隼人 4
12.タイムトリップ 岩田康誠 3
13.カテドラル 武豊 3
14.ブレステイキング 藤岡佑介 3
15.モズダディー 酒井学 3
16.エントシャイデン 坂井瑠星 3
17.メイショウショウブ 池添謙一 3
18.ソーグリッタアリング 川田将雅 3

マルターズアポジーは良い枠に入ったんじゃないでしょうか。この馬の場合やる事は1つですから外枠より内枠でスタートさえ決めれば逃げるでしょうね。

 

それに続くのがモズダディー、メイショウショウブ辺りでしょうかね。この2頭はマルターズアポジーがいるので2番手、3番手辺りでのレースになると思われます。

 

他の馬が後ろからいく馬が多いので、この2頭は展開が向きそうですね。

スポンサーリンク

本命馬

◎ストロングタイタン

 

本命はストロングタイタンを指名しました。

 

この馬はコースも経験も未経験なのですが前走阪神競馬場で行われたリゲルSで後方から良い脚を伸ばしてきて1着になりました。

 

このレースを高く評価していて、陣営サイドも距離短縮と溜める競馬が結果に繋がったと言っています。

 

前に行くと集中力がなくなる馬らしく、今回も前走同様中段後ろ目からの競馬になると思います。

 

鞍上は前走に引き続き幸英明騎手なので、それもプラスに考えています。

 

スポンサーリンク

お勧め買い目

◎-3.4.6.13.15.17.18

◎-3.6.13   馬連3点

 

合計7点

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました