スポンサーリンク

2019.朝日杯FS(G1)最終予想と本命馬発表

2019.朝日杯FSの最終予想と本命馬発表 G1
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!!k.jです。

 

今回は朝日杯FSの最終予想と本命馬発表をしていきます。

 

それでは最終予想の方をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

枠順と騎手

1.ジュンライトボルト 岩田康誠
2.ビアンフェ 藤岡佑介
3.ペールエール マーフィー
4.トリプルエース ビュイック
5.マイネルグリット 国分優作
6.サリオス ムーア
7.ウイングレイテスト 松岡正海
8.タイセイビジョン 武豊
9.グランレイ 池添謙一
10.エグレムニ 福永祐一
11.カリニート 幸英明
12.レッドベルジュール スミヨン
13.プリンスリターン 原田和真
14.タガノビューティー 和田竜二
15.メイショウチタン 松山弘平
16.ラウダシオン ルメール

ビアンフェは1枠2番と良い枠に入ったんじゃないですかね。今回もビアンフェが鼻を取る形で、外からメイショウチタンが外からポジションを取りにきそうですね。

 

おそらくこの2頭がレースを引っ張っていく形になると思います。

スポンサーリンク

本命馬

◎ラウダシオン

・ノーザンファームしがらきいて外厩調整

 

ラウダシオンはもみじS後ノーザンファームしがらきにて外厩調整されています。

帰厩した際も調教師が同馬を見たときかなりガッシリしてきた、体重はあまり変わっていないが随分筋肉量が増えている、という印象だったそうです。

これはしがらきにてかなり良い調整をされた証拠だと思います。

 

・ルメールJがタイセイビジョンではなくラウダシオンに続けて騎乗する

 

どういう経緯でルメールJがタイセイビジョンではなくラウダシオンに今回乗るのかはわかりませんが、もしもルメールJがラウダシオンを自ら選んだのなら、これは期待できますね。

スポンサーリンク

対抗馬

○サリオス

ノーザンファームしがらきいて外厩調整

 

ラウダシオン同様、ノーザンファームしがらきにて外厩調整されています。

帰厩した際調教師のほうから、競走馬らしい身体のラインになっている、G1でも勝ち負けできる馬と素晴らしい外厩調整されたみたいです。

 

・前走サウジRCを高評価

 

前走サウジRCでは2着馬のクラヴァシュドールと1馬身以上あけて勝っています。

クラヴァシュドールは阪神JFで3着に健闘した馬なので、力関係を考えるとここは高く評価できます。

 

 

スポンサーリンク

単穴

▲ペールエール

▲レッドベルジュール

スポンサーリンク

買い目

◎-○▲▲ 3点 馬連 各1000円

◎-○▲▲  3点 ワイド 各1000円

 

合計6000円

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました